zpp.jp カテゴリ

エリアトラウト(管釣り)ルアー(クランク、スプーン)のフックの向きをマスターしよう

2024年06月02日 13:05|カテゴリ:エリアトラウト, 解説記事_エリアトラウト, 釣り

eye-catch_hook_positioning.JPG

ルアーに取り付けるフックの向きは、釣果に影響を与えるため重要です。

ルアーにより取り付けるフックの向きが変わります。

いつもどちら向きにつければ良いか分からなくなるのでメモしておきます。

フックの向きの覚え方

魚がルアーを食べにくる方向へ針を向けます。下から食いついてくるようなルアーは針を下向きに、上から食いついてくるようなルアーは上向きに付ければ良いです。

クランク

水中を泳ぐ通常のクランクは上から魚が食いついてくるので、フックを上向きに取り付けます。
hook_positioning_crank.JPG

マジックジャーク用ミノー

マジックジャークで使うようなミノーは下から食いついてくるので、フックを下向きにを取り付けます。
hook_positioning_magicjerk.JPG

トップウォータープラグ

トップウォータープラグは、下から魚が食いついてくるので下向きにフックを付けます。ただし、リアフック(後ろのフック)のみ下向きとし、フロントフック(前のフック)は上向きにします。
hook_positioning_topwater.JPG

ボトム用バイブレーション

ボトム用のバイブレーションは上から魚が食いついてくるので、フックを上向きに取り付けます。これはイメージしやすいですね。
hook_positioning_vibration.jpg

スプーン

スプーンはカップ側(凹んでいる側)へフックを向けます。通常、スプーンはカップ側を上にして泳ぎます。上から魚が食いついてくると考えると、カップ側(凹んでいる側)に針を向ければよいという事になります。

hook_positioning_spoon1.JPG

わかるかな?凹んでいる方へ針を向けます。

hook_positioning_spoon2.JPG

まとめ

フックの向きを適切に設定することで、ルアーの効果を最大限に引き出すことができます。ルアーのタイプごとにフックの向きを確認し、最適なセッティングを行うことで、釣果を上げることができるでしょう。

覚え方のポイントは「魚がどの方向からルアーを狙うか」を意識することです。